BigBoss(ビッグボス)FXの評判・ボーナス│海外Xビッグボス!

BigBoss

BigBossは、2013年に設立された海外FX業者。2016年より、ホームページやカスタマーサポートが完全日本語対応となり、口座開設する日本人トレーダーも年々増加しています。新庄剛志の「ビッグボス」とは全く関係ありませんが、もしかしたら今回の北海道日本ハムファイターズの監督就任の影響で、会員数も増加するかもしれませんね。

そんなBigBossの特徴ですが、約定率が高いことや入出金のスピードの速さ、極狭スプレッド、ハイレバレッジなど、FXトレーダーの間でも「総合力が高い」「安心して取引が出来る海外FX業者」と高い評価を受けています。また、少額からのトレードが可能な点や日本語サポートが充実している点は、FXトレード初心者やこれから海外FXを始めたい方にとっても安心できる要素と言えるのではないでしょうか。

そこで今回は、「BigBossってどんなFX業者か気になる」「海外FXを始めるのにオススメの業者を知りたい」という方に向けて、BigBossの会社概要やサービス内容、特徴、ボーナスキャンペーンなどについて詳しく紹介していきます。

BigBossの会社概要

では早速ですが、BigBossの会社概要から見ていきましょう。

会社名 Prime Point LLC
本社住所 1/F, First St Vincent Bank Ltd Building James Street Kingstown St. Vincent and the Grenadines
設立年 2013年
金融ライセンス LICENCE NO. :380 LLC 2020
問い合わせ対応時間 平日(月~金曜)の10:00~18:00(JST)
問い合わせ窓口 ライブチャット、問い合わせフォームまたはEメールでの問い合わせ。
support@BigBoss-financial.com
※電話による問い合わせは原則不可

海外FXを新たに始めたいと考えている方の中には「海外FX業者の中には金融ライセンスを取得していない業者が多くて不安に感じている」「安全性が確認できないブローカーでは口座開設をしたくない」と思っているトレーダーもたくさんいるかもしれません。しかし、BigBossではセントビンセントおよびグレナディーン諸島において、インターナショナル・ビジネス・コーポレーションとして正式な金融ライセンス登録を受けていますので、比較的信頼できるFX業者と考えて問題ないでしょう。

公式ホームページ(URL: https://www.BigBoss-financial.com/ )の会社概要欄には、しっかりとライセンスの証明書が掲載されていますので、気になる方は口座開設する前に確認しておくといいかもしれません。

BigBossの会社概要ページはこちら >> https://www.bigboss-financial.com/ja?aid=lPR0HOG9

BigBossのサービス内容

BigBossの会社概要が分かったところで、次はサービスの内容について一つずつチェックしていきます。

BigBossの口座タイプ

2021年12月末現在、BigBossではトレーダーの投資目的に合わせて3つのFX口座が用意されています。
口座の詳細は以下の通りです。

スタンダード口座 スタンダード口座 FOCREX口座
口座の特徴 業界最高クラスのスプレッドと約定率が魅力の口座! アクティブトレーダー向けの極狭スプレッドがポイント! BigBossプロデュースの仮想通貨取引所口座!
口座通貨タイプ USD,JPY USD,JPY USD,JPY,BTC,ETH, OMG, QASH, EXC, RSVC XRP, NEO、BXC
注文方式 NDD ECN方式 NDD ECN方式 CEX方式
レバレッジ 最大999倍
※レバレッジは口座残高比例式
※[USDRUB、USDTRY、USDZAR、CFD]はレバレッジ50倍固定
最大999倍
※レバレッジは口座残高比例式
※[USDRUB、USDTRY、USDZAR]はレバレッジ50倍固定
現物取引
取引通貨ペア Forex Major, Forex Minor, CFD, etc Forex Major, Forex Minor -

スタンダード口座

スタンダード口座は、名前の通りBigBossの中で最もスタンダード(標準的)なタイプのものであり、初心者トレーダーにも最適な口座となっています。そのスペックは、日本人トレーダーに馴染みの深いXMやHotForexなどとほぼ同じと考えて良いでしょう。

このスタンダード口座は、プロスプレッド口座に比べると、スプレッドがやや広めに設定されているものの、海外FX業者全体からすると最高クラスのスプレッドの狭さとなっています。さらに、約定率が高いことや取引手数料が無料な点、仮想通貨のトレードができる点なども非常に魅力的。BigBossに用意されている3つの口座の中で最も多くの銘柄をカバーしていますので、様々な銘柄でトレードを考えている方にもピッタリの口座と言えます。

プロスプレッド口座

プロスプレッド口座の特徴は、なんと言っても極狭のスプレッドがポイント。USD/JPYで平均スプレッド0.2pipsと、業界でもトップクラスの極狭スプレッドを誇っており、これを目当てに口座開設するアクティブトレーダーも少なくありません。

ただし、ECN方式のため手数料が往復で$9ほど必要となる点には注意する必要があります。スプレッドを重視するトレーダーには非常にメリットが大きい口座ではあるものの、それ以外に目立った特徴がないこともあって、他の海外FX業者が提供するECN口座のほうが魅力的であると感じる人も中にはいるようです。

FOCREX口座

FOCREXは、BigBossが運営する仮想取引所のことを指しています。こちらの口座の実際の取引は、BigBossで行われるのではなくFOCREXにて行われます。とはいえ、管理する母体はBigBossと同じ会社となっているため、安心して取引することが可能です。

また、BigBossで口座開設すればBigBoss・FOCREXのどちらでも取引が出来る点は魅力の一つと言えるでしょう。ただしFOCREXで取引されるのは、「仮想通過の現物取引のみ」となっています。レバレッジなしの現物取引なので、「ロスカットが存在しない」「元本を超える損失は発生しない」といった点は覚えておきましょう。加えて、FOCREX口座での取引では、往復0.4%の手数料がかかることにも注意しておきましょう。


BigBossのレバレッジ

FXでは、証拠金にレバレッジを利かせることで、実際の資金以上の大きな金額で取引することができます。これをレバレッジと言いますが、レバレッジがない場合には当然ながら「証拠金=取引額」となります。それを、レバレッジを利用することによって取引額を何倍にも膨らませることが可能となるため、レバレッジを上手にコントロールしながらトレードを行えば、資金効率を高めながら大きな利益を確保することも決して夢ではありません。

BigBossのレバレッジはもともと555倍でしたが、2021年には内容がグレードアップし、最高レバレッジが999倍となりました。ただし常に999倍のレバレッジが利用できるわけではなく、以下のような口座残高比例式でレバレッジを活用できます。

口座通貨タイプ 口座残高 レバレッジ値
USD $0~$19,999
$20,000~$49,999
$50,000~$99,999
$100,000以上
999倍
555倍
200倍
100倍
JPY 0円~1,999,999円
2,000,000円~4,999,999円
5,000,000円~9,999,999円
10,000,000円以上
999倍
555倍
200倍
100倍

BigBossではハイレバレッジによる損失リスクを避けるため、トレーダーの残高に応じてレバレッジ値が変わる「口座残高比例式」を導入しています。レバレッジ値の更新は1日1回であり、EOD(End of day)の5分後に、口座残高に応じて更新されます(EODは、夏時間 6:05/冬時間 7:05 ※共に日本時間)。
このように口座残高に応じてレバレッジ倍率が変動することは、海外FX業者では一般的です。

こちらのレバレッジルールは、「スタンダード口座」、「プロスプレッド口座」、「MASSスタンダード口座」、「仮想通貨ECN口座」が対象口座となっていますので、BigBossでトレードをする方のほとんどはこのルールに則って取引を行わなければなりません。

また、レバレッジルールでは、以下のような対象銘柄および対象外銘柄も存在しますので、口座開設や実際の取引を行う際には、条件をよく確認しておきましょう。

レバレッジ口座残高比例式
対象銘柄
•Forex Major
•一部のForex Minor(AUDCAD, GBPCAD, GBPNZD)
レバレッジ口座残高比例式
対象外銘柄
•一部のForex Minor(USDRUB, USDTRY, USDZAR):レバレッジ50倍で固定
•CFD (Metal, Index, Energy, Cryptocurrency):レバレッジ50倍で固定


BigBossのゼロカットシステム

ハイレバレッジトレードと聞くと、「莫大な借金を背負ってしまうのではないか」「大損をしてしまったら取り返しがつかない」などとリスクを心配する方も多数いらっしゃることと思います。しかし海外FX業者のほとんどはゼロカットシステムが導入されているため、追証が発生することはありません(一部の業者でゼロカットシステムを採用していないところもあります)。もちろんBigBossでも、追証なしのゼロカットシステムが採用されているため、安心して取引が可能となっています。追証がないということは、口座残高がマイナスになった場合でも、マイナス分を運営会社に支払う必要がないということ。つまり、ゼロカットシステムのない国内FX業者のような「FXで負けたので大きな損失をしてしまった」「借金の支払いに困り自己破産をしてしまった」などといったハイリスクは一切ありません。

ただし市場変動性の高い時間帯を狙う取引や、公平性の欠ける取引など、タブーを犯した場合にはゼロカットシステムが作動しないこともあるため、「ゼロカットシステム=100%発動するもの」とは考えないほうが良さそうです。


BigBossの通貨ペア

BigBossでは、FX通貨ペアのほか、仮想通貨CFD、先物取引など、さまざまなトレードが行える環境が整っています。特に2021年10月からは、「スタンダード口座」で取引が出来る仮想通貨CFDの9ペアに加えて、ADA/BNB,UNI,DOGEなどの30ペアを新たに取り扱うことになり、トレーダーの間でも注目を集めています。

CFDの取引条件および通貨ペア

暗号通貨CFD 取引条件
  • 取引対象口座:スタンダード口座、MASSスタンダード口座
  • レバレッジ [全通貨ペア共通]:50倍(固定)
  • 最小取引単位 [全通貨ペア共通]:0.01Lot
  • 取引手数料 [全通貨ペア共通]:無料

通貨ペア シンボル 取引単位
BTC/USDT Bitcoin vs Tether 1Lot = 1BTC
BTCJ/PYT Bitcoin vs USDT against Japanese Yen 1Lot = 1BTC
ETH/USDT Ethereum vs Tether 1Lot = 10ETH
ETH/JPYT Ethereum vs USDT against Japanese Yen 1Lot = 10ETH
XRP/USDT Ripple vs Tether 1Lot = 10,000XRP
XRP/JPYT Ripple vs USDT against Japanese Yen 1Lot = 10,000XRP
BCH/USDT Bitcoin Cash vs Tether 1Lot = 100BCH
BCH/JPYT Bitcoin Cash vs USDT against Japanese Yen 1Lot = 100BCH
EOS/USDT EOS vs Tether 1Lot = 10,000EOS
EOS/JPYT EOS vs USDT against Japanese Yen 1Lot = 10,000EOS
LTC/USDT Litecoin vs Tether 1Lot = 100LTC
LTC/JPYT Litecoin vs USDT against Japanese Yen 1Lot = 100LTC
NEO/USDT NEO vs Tether 1Lot = 1,000NEO
NEO/JPYT NEO vs USDT against Japanese Yen 1Lot = 1,000NEO
UNI/USDT Uniswap vs Tether 1Lot = 1,000UNI
UNI/JPYT Uniswap vs USDT against Japanese Yen 1Lot = 1,000UNI
DOGE/USDT Dogecoin vs Tether 1Lot = 100,000DOGE
DOGE/JPYT Dogecoin vs USDT against Japanese Yen 1Lot = 100,000DOGE
BNB/USDT Binance Coin vs Tether 1Lot = 100BNB
BNB/JPYT Binance Coin vs USDT against Japanese Yen 1Lot = 100BNB
DOTUSDT Polkadot vs Tether 1Lot = 1,000DOT
DOT/JPYT Polkadot vs USDT against Japanese Yen 1Lot = 1,000DOT
XLM/USDT Stellar vs Tether 1Lot = 100,000XLM
XLM/JPYT Stellar vs USDT against Japanese Yen 1Lot = 100,000XLM
ENJ/USDT Enjin Coin vs Tether 1Lot = 10,000ENJ
ENJ/JPYT Enjin Coin vs USDT against Japanese Yen 1Lot = 10,000ENJ
ADA/USDT Cardano vs Tether 1Lot = 10,000ADA
ADA/JPYT Cardano vs USDT against Japanese Yen 1Lot = 10,000ADA
AXS/USDT AXIE Infinity vs Tether 1Lot = 1,000AXS
AXS/JPYT AXIE Infinity vs USDT against Japanese Yen 1Lot = 1,000AXS
※USDT against Japanese Yen (JPYT) は法定通貨と連動します。これは、Tether Limited社のステーブルコイン
USDTとUSD/JPYを連動させたBigBoss独自のシンボルです(引用:https://www.BigBoss-financial.com/crypto_cfd)。

その他、2021年12月末現在における通貨ペアおよびスワップポイントは以下のようになっています。スワップポイントは10分ごとに更新されますので、正式な情報を入手する場合には公式サイトから確認するようにしましょう。

FXメジャー通貨ペア
通貨ペア ロング
スワップポイント
ショート
スワップポイント
AUD/CHF 2.19 -7.99
AUD/JPY 1.28 -7.66
AUD/NZD -4.17 -4.49
AUD/USD -1.89 -3.61
CAD/CHF 2.31 -8.44
CAD/JPY 1.03 -7.88
CHF/JPY -6.25 -2.75
EUR/AUD -16.39 3.51
EUR/CAD -15.31 2.97
EUR/CHF -3.65 -5.57
EUR/GBP -3.83 -0.89
EUR/JPY -1.92 -3.61
EUR/NZD -17.15 3.50
EUR/USD -5.08 -0.95
GBP/AUD -6.84 -7.58
GBP/CHF 0.39 -11.09
GBP/JPY -3.00 -4.75
GBP/USD -4.01 -3.10
NZD/CAD -3.65 -3.74
NZD/JPY 1.01 -7.19
NZD/USD 0.23 -4.04
USD/CAD -6.10 0.16
USD/CHF 0.03 -4.80
USD/CNH -4.74 -5.35
USD/JPY 5.08 -8.87
USD/SGD -7.23 -13.24

FXマイナー通貨ペア
FXマイナー通貨ペア ロング
スワップポイント
ショート
スワップポイント
AUD/CAD -3.65 -4.10
GBP/CAD -12.07 -2.24
GBP/NZD -13.53 -2.36
USD/RUB -184.59 5.40
USD/TRY -410.30 256.25
-27.28 6.00

CFD
シンボル ロング
スワップポイント
ショート
スワップポイント
GER30 -10.27 -15.44
HSI -0.57 -0.76
N225 -12.15 -12.69
NDX -0.75 -0.67
SPX -2.15 -1.72
UK100 -0.86 -0.57
UKBrent -0.48 -0.25
USCrude -0.47 -0.25
WS30 -3.93 -1.45
XAG/USD -1.15 -0.96
XAU/USD 3.84 -4.04

暗号通貨
シンボル ロング
スワップポイント
ショート
スワップポイント
ADAJ/PYT -17.32 14.32
ADA/USDT -15.63 12.99
AXS/JPYT -58.99 48.32
AXS/USDT -53.33 43.67
BCH/JPYT -55.00 45.00
BCH/USDT -49.62 40.66
BNB/JPYT -37.33 30.33
BNBUSDT -33.67 27.67
BTC/JPYT -783.67 641.39
BTC/USDT -709.67 581.62
DOGE/JPYT -24.00 19.67
DOGE/USDT -21.67 17.67
ENJ/JPYT -14.32 11.66
ENJ/USDT -13.00 10.67
EOS/JPYT -42.00 34.33
EOS/USDT -38.33 31.33
ETH/JPYT -295.23 241.66
ETH/USDT -267.17 218.66
LTC/JPYT -15.00 12.33
LTC/USDT -13.67 11.00
NEO/JPYT -43.67 35.67
NEO/USDT -39.33 32.33
UNI/JPYT -25.33 21.00
UNI/USDT -22.99 18.99
XLM/JPYT -30.33 25.00
XLM/USDT -27.67 22.67
XRP/JPYT -11.31 9.32
XRP/USDT -10.33 8.33


FXの主要通貨ペアのスプレッド

スプレッドの狭さは、BigBossで口座開設する大きなメリットの一つです。中でも「プロスプレッド口座」は、EUR /JPYで平均0.6pips、AUD/JPYで平均0.7pipsといった数値となっており、海外FX業者の中でも最高の水準を誇っています。

下記に、FXの主要通貨ペアのスプレッドを記載しておきましたので、気になる方はぜひチェックしてみてください。ただし、数値は日々変動しますのであくまで参考程度となります。現在の値を知りたい場合には公式サイトをチェックしましょう。

通貨ペア スタンダード口座 プロスプレッド口座
AUD/CAD 平均2.3pips 平均0.8pips
(実質1.6pips)
AUD/JPY 平均1.8pips 平均0.7pips
(実質1.6pips)
AUD/USD 平均2.0pips 平均1.0pips
(実質1.9pips)
CAD/JPY 平均2.2pips 平均0.7pips
(実質1.6pips)
CHF/JPY 平均2.4pips 平均1.0pips
(実質1.9pips)
EUR/AUD 平均3.3pips 平均1.6pips
(実質2.5pips)
EUR/CAD 平均3.0pips 平均1.4pips
(実質2.3pips)
EUR/CHF 平均3.5pips 平均1.2pips
(実質1.5pips)
EUR/JPY 平均1.9pips 平均0.6pips
(実質1.5pips)
EUR/USD 平均1.9pips 平均0.5pips
(実質1.4pips)
GBP/AUD 平均3.8pips 平均2.6pips
(実質3.5pips)
GBP/CAD 平均3.6pips 平均1.8pips
(実質2.7pips)
GBP/CHF 平均3.5pips 平均1.5pips
(実質2.4pips)
GBP/JPY 平均2.4pips 平均0.9pips
(実質1.8pips)
GBP/USD 平均2.1pips 平均0.9pips
(実質1.8pips)
NZD/CAD 平均2.9pips 平均1.6pips
(実質1.8pips)
NZD/JPY 平均2.5pips 平均1.0pips
(実質1.9pips)
NZD/USD 平均2.1pips 平均0.9pips
(実質1.8pips)
USD/CAD 平均2.2pips 平均1.1pips
(実質2.0pips)
USD/CHF 平均2.0pips 平均0.8pips
(実質1.7pips)
USD/CNH 平均1.8pips 平均0.8pips
(実質1.7pips)
USD/JPY 平均1.4pips 平均0.2pips
(実質1.1pips)
USD/TRY 平均35.0pips 平均25.0pips
(実質34.0pips)
USD/ZAR 平均50.0pips 平均50.0pips
(実質59.0pips)


取引手数料

BigBossでの取引にかかる手数料ですが、基本的には無料となっているものの、プロスプレッド口座にかかる「取引手数料」は有料となっており、1Lotあたり往復9$の手数料が必要となります。スタンダード口座の場合は、仮想通過取引を除いて取引手数料は発生しません。

入金方法

BigBossでの入金方法は、2021年12月末現在では、8種類が存在します。最低入金額は決められていませんが、クレジットカードの場合のみ5万円からの入金となるため、注意が必要となります。ちなみに、クレジットカードはVISA、JCB、Masterの3種類のみ利用可能。それ以外のカード会社は利用ができませんので、あらかじめ利用予定のクレジットカードを確認しておきましょう。

BigBossの入金方法一覧

最低入金額 反映時間 手数料
クレジットカード入金 5万円~ 即時~数分 無料
国内銀行送金 制限なし 1営業日以内 無料

(※5万円未満の入金には手数料1,000円が必要)

海外銀行送金 制限なし 2~5営業日 無料
ビットコインでの入金 制限なし 即時 無料
BXONEでの入金 制限なし 即時 無料
Bitwalletでの入金 制限なし 即時 無料
ETHでの入金 制限なし 数分 無料
USDTでの入金 制限なし 数分 無料


出金方法

2021年12月末現在、BigBossでの出金方法は全部で4種類となっています。中でも国内銀行送金とBitwallet出金では利益分の出金も可能となっています。特にBitwalletでの出金は、スピーディーな早さを重視したいトレーダーには大変おすすめです。クレジットカード出金は一見手軽なように感じますが、反映に時間がかかる点や入金額と同額までしか出金ができない点もあってあまりおすすめできません。

最低出金額 反映時間 手数料
クレジットカード出金 制限なし 数日~数週間 無料
国内銀行送金 制限なし 2~5営業日 2,000円
Bitwallet出金 制限なし 即時~5営業日 無料
BXONE出金 制限なし 1~5営業日 無料
※入出金において、BigBossと各システム間の移動に伴う手数料は無料ですが、口座へ入金する際にかかる手数料や日本の銀行口座へ引き出す際の手数料などは有料となる場合があります。この手数料が高くついてしまうと、せっかく得た利益を減らすことにも成りかねませんので、手数料に関する不明点や詳細などは利用元(銀行など)へ直接お問い合わせしてみることを推奨します。


BigBossのボーナスキャンペーン

ここまでBigBossのサービス内容について詳しくお伝えしてきましたが、海外FXならではの『豪華なボーナスキャンペーン』も忘れてはならないポイントの一つです。ただしBigBossのボーナスキャンペーンは不定期で開催されているものが多く、口座開設したい時にいつでもキャンペーンがやっている・ボーナスが獲得できるわけではありません。その点は注意しておきましょう。

ただし、せっかく口座開設を開設するなら、当然口座開設ボーナスや入金ボーナスがあるタイミングで行えば効率的にトレードがスタートできるため、ボーナスキャンペーンの最新情報は公式サイトや口コミ、SNSを通じて逐一チェックしておきましょう。

今回は参考までに、直近に行われていた「8周年記念クリスマス企画!ダブルキャンペーン」の内容をお伝えしておきましょう。

8周年記念&クリスマス企画!入金ボーナス+取引ボーナス2倍キャンペーン

BigBossでは、2021年12月17日~12月31日までの期間限定で、現在までの累積入金額が全部リセットされ、再入金によって最大$8,000が受け取れるキャンペーンを実施しておりました。
こちらのキャンペーンのポイントですが、

  • 1回の入金額が大きければ大きいほどボーナス付与率がアップする(ボーナスは取引資金として利用可能)
  • 暗号通貨で入金すると、さらに一回のボーナス付与率が10%アップする
  • 2021年12月17日〜31日の期間中、Forex MajorとForex Minor、暗号通貨CFDでの取引を行うと、さらに通常の2倍の取引ボーナスがもらえる

といったものでした。これらの条件を満たしたうえで入金を行うことによりボーナスを増やすことができ、さらに資金効率を高めてトレードが行えることもあって、大変お得なキャンペーンとなっていました。BigBossではボーナスキャンペーンを実施していない時期もありますので、せっかく口座開設するならこうしたビッグチャンスを狙って取引をスタートさせましょう。

このボーナスの付与率は、以下の通り

現金、クレジットカード、Bitwallet、BXONEでの入金の場合
入金額 ボーナス付与レート ボーナス付与額
¥0~¥39,999 0% 0%
¥40,000~¥99,999 10% ¥4,000~¥9,999
¥100,000~¥199,999 20% ¥20,000~¥39,999
¥200,000~¥299,999 25% ¥50,000~¥74,999
¥300,000~¥399,999 40% ¥120,000~¥159,999
¥400,000以上 50% ¥200,000~最大¥800,000

暗号通貨での入金の場合
入金額 ボーナス付与レート ボーナス付与額
¥0~¥39,999 0% ¥0
¥40,000~¥99,999 20% ¥8,000~¥19,999
¥100,000~¥199,999 30% ¥30,000~¥59,999
¥200,000~¥299,999 35% ¥70,000~¥104,999
¥300,000~¥399,999 50% ¥150,000~¥199,999
¥400,000以上 60% ¥240,000~最大800,000

ボーナスの注意事項

  • 累積ボーナス付与額は含まれず、初回入金額のみで計算される
  • ボーナス算出は現在の換算レートに基づき換算されるため、ボーナス反映時の実際のレートと異なる可能性がある
  • ボーナスはクレジットとして配付され、取引にのみ使用可能
  • ボーナスの対象口座は「スタンダード口座」、「プロスプレッド口座」、「MASSスタンダード口座」のみ
  • キャッシュバック系のサービスを利用している口座には適用されない
  • 入金ボーナスは、入金反映後0~1営業日以内に反映される
  • 入金ボーナスキャンペーン期間中は、取引ボーナスは毎週配布される
  • クレジットボーナス付与額は、ユーザーの各口座単位ではなく、ユーザー様のアカウント単位(全口座)で累積計算される
  • キャンペーン開始後、ユーザーが持ついずれかの口座で出金があった場合、すべての口座でボーナスは取り消しとなる。
  • キャンペーン期間中に再度入金した場合は、ボーナス付与の対象外
  • ボーナスを受け取った口座から資金移転されると、資金移転元の口座のボーナスは取り消しとなる
  • 利用中の口座で不正な取引が行われていると判断された場合、 すべてのボーナスは取り消しとなる

このように、BigBossでは不定期にも関わらず、ボーナスキャンペーンにも非常に力を入れており、これを目当てに口座開設するトレーダーも少なくないと思われます。ただし、上記のキャンペーンは2021年12月末で終了のものですので、今後これと同等のキャンペーンがいつ開催されるかまでは未定です。とはいえ、お正月やゴールデンウイークなどには、多くの海外FX業者が豪華なキャンペーンを打ち出しているので、タイミングを計って口座開設してみるのも良いかもしれません。


BigBossの特徴

「999倍のハイレバレッジ」や「業界最狭のスプレッド」「豪華キャンペーン」などが注目されがちなBigBossですが、実は取引環境や取引ツールにも力を入れている海外FX業者としても有名です。
そこで、ここからはBigBossの取引環境及び取引ツールをについて詳しく説明していきます。

BigBossの取引方式はNDD方式

FXの取引方式には、「DD方式」と「NDD」方式の2種類があります。
DD(ディーリングデスク)方式とは、トレーダーとインターバンクの間にディーラーが介入する注文方式です。DD方式では顧客とFX業者は利益相反となる仕組みとなっているため、顧客が儲かれば儲かるほど会社が損をしてしまいます。そのためDD方式では、顧客からの注文をインターバンクへ流さず、そのままディーラーが注文をのむケースが多く、約定拒否やスリップページが起こりやすいというデメリットがあります。

一方NDD(ノンディーリングデスク)方式は、ディーリングデスクが撤廃され、トレーダーとインターバンクの間に介入が起こらないシステムとなっています。つまりディーラーが仲介しないので、DD方式よりクリーンで透明性の高い取引と言えるでしょう。NDD方式では顧客が儲かれば儲かるほど会社が得をするシステムとなっているほか、基本的に手数料収入しかディーラー側には入って来ない仕組みのため、比較的スプレッドが広めに設定されているといった特長があります。

BigBossではこの2つのうちの「NDD方式」を採択しており、注文が直接インターバンクに流れているので、非常に透明性の高い取引を行うことができるのです。

日本語サポートが充実

先述のように、BigBossでは2016年からホームページおよびカスタマーサポートが完全日本語対応となりました。
海外FX業者の中には「ホームページが日本語対応していないので、サービスの内容がよく分からない」「規約や条件などが簡易翻訳されているだけで、文章の意図が掴めない」といったケースも多々ありますが、BigBossではそうした心配は一切ありません。公式サイトの表記で分かりづらい日本語はほとんど見受けられませんし、日本語サポートも手厚いとトレーダーの間で評判です。

またお問い合わせに関してですが、基本的に日本語のライブチャットとメール対応がメインとなっており、電話での対応はありません。ライブチャットは平日10時~18時、メールは24時間体制で日本語サポートを行ってくれるので安心してトレードを行うことができます。BigBossのカスタマーサポートには日本人スタッフが常駐し、丁寧できめ細かい対応をしてくれるため、BigBossが常日頃から日本人トレーダーを重視していることが良く分かります。

取引プラットフォームにはMT4を採用

BigBossの取引プラットフォームには、MetaQuotes Software社が開発した「MT4」が採用されています。このMT4は、世界中のトレーダーに最も使われているプラットフォームで、そのシェア率は圧倒的な数となっています。またMT4には、トレードの判断材料になるインディケーターがすでに完備されているほか、新たに開発されるインディケーターをダウンロードしてカスタマイズしながら使用していくことも可能。さらに無数の自動売買ツール(EA)も開発されているので、裁量トレードや自動売買に活用することもできます。

とはいえ、残念ながらMT4の後継である「MT5」や、使い勝手が良いと評判の「cTrader」には対応しておりません。しかしながらMT4は、ほとんどの海外FX業者で採用されているプラットフォームのため、非常に汎用性が高く、これまで別の海外FX業者で使用していたなどMT4プラットフォームに馴染みのあるトレーダーはもちろんのこと、初めてMT4を利用するトレーダーも使い方をマスターしておいて損はないでしょう。
BigBoss にてMT4の使用感を試してみたいという方には、デモ口座から無料でダウンロードすることができますので、まずは一度トライしてみることがおすすめです。ちなみに、BigBossではライブ口座でもMT4のダウンロードは無料です。

MT4に対応しているデバイス
PC(Mac/Windows)、Android、iPhone/iPad

(例)Mac版 BigBoss MetaTrader 4の主な機能
  • エキスパート・アドバイザー及びカスタムインディケーターに対応
  • 大量の注文にもしっかり対応
  • 多言語表示に対応
  • ワンクリック取引
  • 異なった時間軸で、顧客仕様の様々なインディケーターを作成
  • MetaTrader4とMQL4のためのヘルプガイド
  • 50以上のインディケーター及びチャートツールを持つ完全なテクニカル分析
  • 履歴データベースの管理
  • 履歴データのエクスポート/インポート
  • 内部メールシステム

ダウンロード方法
BigBossのPC版のMT4ダウンロードですが
  • 氏名
  • メールアドレス
  • メールアドレス確認
を入力することでダウンロードができます。

2021年12月末現在のところ、Mac版MT4からのデモ口座開設については利用不可となっていますので注意してください。Mac版PCの利用者に対しては、公式サイト上ではiPhone/iPad用MT4、Android用MT4をダウンロードすることが推奨されています。携帯アプリのダウンロードは「AppStore」または「Google Play Store」から入手可能です。

BigBoss MT4ダウンロードサイト
https://www.bigboss-financial.com/ja?aid=lPR0HOG9

BigBoss デモ口座申し込みサイト
https://www.bigboss-financial.com/ja?aid=lPR0HOG9


BigBossの取引安全性

BigBossでは、現在セントビンセントグレナディーンの金融ライセンスを取得しています。こちらは比較的マイナーなライセンスのため、「あまり聞いたことが無くて不安」と感じる方もいることでしょう。しかしながら、海外FX業者の中にはライセンスを取得していないところも多数存在しますので、それから考えれば一定の安全性は担保されていると言えるかもしれません。

ちなみに、BigBossでは以前、ニュージーランドの金融ライセンスも取得していたようですが、2021年12月末現在はセントビンセントグレナディーンのライセンスのみが公式に掲載されています(ニュージーランドのライセンスが現在どうなっているのかは公表されていないようです)。

た資金管理においては「分別管理」だけとなっており、信託保全がされていません。その点には自己責任となりますため、気に留めておきたいところです。


BigBossの約定率

BigBossでは、世界中の金融機関が採用しているEquinix(エクイニクス)社のトレーディングサーバーを利用しています。そのため約定率が非常に高いと言われています。為替についてはインターバンクに直結しているため、スムーズかつ安定した売買注文の処理が可能。とはいえ、BigBossでは約定力や約定スピードの細かい数値を公表しているわけではないため、正確な数値は定かではありません。

BigBossを利用しているトレーダーが公開しているブログ記事やSNSなどでは、USD/JPYの約定スピードが「0.604秒」と測定しているものもありましたので、業界平均である1.488秒よりもかなり早い約定スピードであることは間違いないようです。

BigBossの取引条件・ルール

では続いて、BigBossの取引条件・ルールについて確認しておきましょう。

1Lotの単位

BigBossにおける1Lotの単位は「10万通貨」です。これは他の海外FX業者ともほぼ同じ単位となっています。海外FX初心者やリスクを最小限に抑えたい方などは、最少ロットからスタートし、ローリスクな状態からトレードをスタートさせる方法もありますので、ぜひ取り入れてみるのも良いでしょう。ただし、この方法ではあまり利益を出すことができませんので、利益重視のトレーダーは初めから0.1Lotより始めてみるのもおすすめです。

BigBossのロスカット水準

BigBossでは他の海外FX業者同様に、ゼロカットシステムを採用しています。そのため、国内FXのような追証は存在せず、証拠金以上の損失が出ることはありません。つまり、ゼロになることはあっても、マイナスになることはないということです。

ちなみにBigBossのロスカット水準ですが、「スタンダード口座」と「プロスプレッド口座」の場合、証拠金維持率は20%以下になっており、これを下回るとロスカットの対象となります。強制ロスカットを懸念しているトレーダーは少なくありませんが、海外FX業者の中でもBigBossは比較的ロスカットされる可能性が低いブローカーなので安心して取引に臨めるでしょう。一般的な海外FX業者のロスカット水準はは20~30%と言われています。

スキャルピングに制限がない

BigBossでは、スキャルピングの制限はありません。FX業者の中には明確にスキャルピングを禁止している業者も少なくありませんが、BigBossは公式サイトでも「スキャルピングに制限がない」と明言してありますので、スキャルピング目的のトレーダーにはピッタリの海外FX業者となっています。10Lot(100万通貨)や20Lot(200万通貨)といった大ロットでのスキャルピングも、BigBossの規約に触れることなくトレードが行えますので、充実したトレードも思いのままです。

また海外FXの世界では、基本的にスタンダード口座以外の口座はボーナスキャンペーンの対象外となる場合が多いのですが、BigBossではスキャルピングに適した「プロスプレッド口座」であっても取引ボーナスなどの各キャンペーンが適用となるケースがほとんどです。こうした点から、BigBossでは初心者トレーダーだけでなくプロトレーダーも大切にしていることが見て取れます。

同一口座での両建てが可能

一般的に、FXにおける両建てというと、

  1. 同一業者の同一口座内における両建て
  2. 同一業者の複数口座間における両建て
  3. 別の業者との両建て

の3つのパターンが考えられます。このうち、BigBossにおける両建てでは、「同一業者の同一口座での両建て」のみ認められています。それ以外の両建てについては「すべて禁止」となりますので注意しておきましょう。
特に別の業者との両建ては、ほとんどの海外FX業者で禁止となっていますので、これを機に覚えておきましょう。FX業者が定めている禁止事項に抵触した場合には、取引停止、さらに最悪の場合には口座凍結というペナルティが課される可能性もありますので、リスクを冒したトレードはしないほうが賢明です。

自動売買ソフト(EA)の使用が認められている

BigBossでは「MT4のプラットフォームが利用可能」という話を以前にお伝えしましたが、その中で自動売買ソフト(EA)を利用することもできます。しかもBigBossでは、自動売買ソフト(EA)に関する制限がないこともあって、かなり自由にトレードが出来る点も魅力と言えます。自動売買が出来れば、本業のビジネスで忙しいビジネスパーソンや、家事で忙しい主婦の方でも効率的にトレードが行えるため、BigBossで口座開設するならぜひとも利用してもらいたいツールの一つとなっています。

コピートレード

FXでは自分の手で売買を行う「裁量トレード」が基本スタイルとなってはいるものの、「自分の力だけではなかなか利益が出ない」「FXの知識があまりなく、可能であればプロのトレーダーからトレードテクニックを学びたい」といった方も多くいるのではないでしょうか。

そんな時、BigBossならプロトレーダーや利益を出しているトレーダーの裁量トレードを自分の口座で再現させることが可能、その手法のことを「コピートレード」と言います。コピートレードを禁止している海外FX業者もある中、BigBossではコピートレードがきちんと認められているため、勝率の高いトレーダーのコピートレードをして、知識をつけていくのも良いでしょう。

とはいえ、「勝ち続けられる法則」や「絶対に儲かる成功メソッド」といったものは世の中に存在しません。プロトレーダーや勝率の高いトレーダーの取引を真似てみても、当然ながら利益が出なかったり、場合によっては損を出したりする場合もあります。そこは自己責任にて対応するようにしましょう。


BigBossの口コミ・評価

では最後に、インターネット上のブログやSNSに掲載されているBigBossの口コミや評価について見てみましょう。

BigBossの良い口コミ

  • 「日本人スタッフが常駐しているから、サポートが早くて安心できる」
  • 「通貨ペアだけでなく、仮想通貨を取引できる環境が用意されているのはかなり評価できる」
  • 「BigBossはクイック口座開設が出来るから、口座開設の際に身分証とかの書類提出が省けるのが便利!初めての登録から取引スタートまでたった3分程度でできた」 ※ただし出金の際には本人確認書類が必要
  • 「EQUINIX(エクイニクス)社のデータセンターを採用しているから、約定率には期待が持てる」
  • 「レバレッジが555倍から999倍に変更になって、今までにも増してハイレバトレードが出来るようになった!」
  • 「プロスプレッド口座を使えば、十分にスキャルピングトレードが楽しめる」

BigBossの悪い口コミ

  • 「金融ライセンスがマイナーだから、信頼性があまり高いと感じない。そこがちょっと不安…」
  • 「分別管理をしていると言っているが、分別先の銀行名が公開されていないのはなぜなんだろう…」
  • 「良い意味でも、悪い意味でもすごく平均的なFX業者という感じ。スプレッドが狭いと謳っているけれど、ECN口座の手数料はそれほど安くない」

以上のように、比較的良い口コミが散見されました。しかしながら一方では「安全性」「信頼性」といった面において不安を抱えているトレーダーがいるのも事実のようです。とはいうものの、現在に至るまで出金拒否をはじめとする大きなトラブルは発生しておりませんし、日本人スタッフによるサポートもスピーディーかつ丁寧と評判なので、気になる方はぜひ口座開設して、その使用感や取引環境をチェックしてみてください!


まとめ

今回は、BigBossの会社概要・サービス内容・特徴・ボーナスキャンペーンの情報などを詳しく解説してきました。BigBossは、ある特定のサービスが突出して優れているといったタイプの海外FX業者ではなく、サービス内容・取引環境・サポート体制などが、総合的に高い会社です。なかでも約定率の高さやスプレッドの狭さ、999倍のレバレッジ、日本語サポートの手厚さなどは、初心者トレーダーでも十分に取引が楽しめる環境が整っていると言えるでしょう。
また、低スプレッド口座、既存会員へのボーナスキャンペーン、自動売買ツール利用可能など、ベテラントレーダーにも最適なFX業者です。

そのため、「バランスの取れたFX業者でまずは少ない額からトレードを始めてみたい」といった海外FX初心者だけでなく、「有名どころのFX業者でなくてもいいから、スキャルピングトレードやハイレバトレードにチャレンジしてみれるところが良い」というプロトレーダーの方まで幅広い層に対処できます。

これから新しく口座開設を行うなら、ぜひBigBossを利用してみてはいかがでしょうか。


海外FX業者ランキングベスト